頭の悪いパナシ 45 – PSDにアウラはあるのか

2017/08/02 に公開
※タイトルコールをした方がDJ TECHNORCHです

アウラとは(ヴァルター・ベンヤミン 1936年)
→機械的複製によって芸術作品のコピーを大量生産することが可能になった時代において、オリジナルの作品から失われる「いま」「ここ」にのみ存在することを根拠とする権威のこと。
●デジタルイラストレーター達が「アウラが失くなった状態」からどうアウラを捏造していくかの奮闘
●元がPhotoshopだと分かっているメートル単位の巨大印刷に十万円の価値をどのように見出すのか
●巨大印刷にした後、立体的に絵を継ぎ足してデータでは表現出来ない作品にしてみたり
●Pixivにアップロードしている段階のJPGでは価格0円からスタートしているのに
→巨大印刷にした段階で数万円の価値があるともっていくのは非常に大変
●その芸術を表現するために必要な時間と、それ単体の価値
●ライブペインティングをするデジタルイラストレーター、向き不向きがすごい
●似顔絵つくります、という闘い方
●デジタルアート+アナログつけたし、に感じる冷たいご飯を温め直す感じ、そしてふりかけ
●しかしそのふりかけには間違いなく時間がかかっている
●作曲家でもあるDJが、DJ中にただ自分の曲をポンだしした時、何故私達は嬉しいのか?
●時間の共有はアウラという単語とは別の価値がある
●Kraftwerkは毎日ほぼ同じ演奏をするけれどそれで120%喜べてしまうDJ TECHNORCH
●でもそれと同じ音を全く同じ空間でただスピーカーから再生されてもチケット代一万円は払わない

※ベンヤミン / 複製技術時代の芸術作品 精読 (岩波現代文庫)

Nackyによる振り返りコメント
頭の悪いパナシ 45 – アウアウラー | Nacky – Snowland.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です