古いサーバーにCentOS7を入れようとして苦労

DELLのPowerEdge T105が転がっていたので再利用のためCentOS7をインストール。
LiveUSB CreatorでUSBメモリにnetinstallのisoを入れ、起動。

諸々設定してインストール開始すると、途中でハングアップ。3回やって同じところでハングアップ。
インストーラー起動時にInstall CentOS7~とか出てる画面でESCを押して linux text を指定、
CUIインストーラーで無事完了。
マウスを繋いでいなかったのでCUIのほうが楽だったね…

起動時、CentOS Linux 7 (Broken)と出てる。
指定したリポジトリが http://buildlogs.centos.org/centos/7/os/x86_64-latest だったので関係あるようだ。
壊れているわけじゃ無くて意図的に出てるものなんですって。

minimalインストール完了。
起動したのでyum updateしようとしたら"There are no enabled repos."と出る。
見たら /etc/yum.repos.d/ が空っぽになっていた。
CentOS-Baseすらないのかよ…同じ症状を当たってみるが特に解決策はナシ。

仕方ないので既にCentOS7が入っているサーバーから
/etc/yum.repos.d/ と /etc/pki/rpm-gpg/ をコピーしてくる。
sshは使えるのでこれで転送することにする。

コピーのためこのサーバーのIPアドレスを見ようとifconfigするが、ifconfig自体がない。
net-toolsが入らないといかんのでした。CentOS7デフォルトで使えるのは ip addr showでした。

reposがコピーできて一応動いたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください