Minecraft for Windowsのインストールができなかった(解決)

PCを新しくしたのでMinecraft for WindowsをMicrosoft Storeからインストールしようとしたのですが、LauncherやJava Editionは入るけど統合版(だっけ?)のfor Windowsがインストールできません。「ライセンスの取得中」の後に「サーバー側で問題が発生しました」と出てしまいます。

結論。Microsoft Storeに紐付けられるWindowsは10台まで。その数が多いとダメらしい。
古いデバイスのリンクを解除したらあっさりとインストールできました。

Microsoft Storeの自分の顔アイコンから「アカウントでデバイスの管理」を選ぶとブラウザでMicrosoft Accountの設定画面が開きます。
メニューから「デバイス」>「Microsoft Storeのデバイス管理」を開いて、古い登録デバイスのリンクを解除します。

(↑上の画像は既にいくつか削除した後です)

その後Microsoft Storeで再度インストールを試みると、無事ダウンロードとインストールが始まりました。

参考
サーバー側で問題が発生して、Minecraft for Windows が起動できない(解決) – 調べながらやるストラテジー&RPG

Windowsセキュリティからコア分離をオンにしたらブルースクリーン

タイトルの通りですが、Windows10/11でWindowsセキュリティ→デバイスセキュリティ→コア分離の詳細→メモリ整合性「オフ」を「オン」にしたらブルースクリーンになってしまいました。
ブルースクリーン画面にはAmDRyzenMasterDriver.sysと出ていましたが、まぁメモリ整合性オンが原因でしょう。

再起動してもログオン直後ぐらいでブルースクリーンになるので戻せません。
セーフモードで起動して、レジストリエディタで直接「オフ」に書き換えて回復しました。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\DeviceGuard\Scenarios\HypervisorEnforcedCodeIntegrity
の中の
Enabled
を、0でオフ、1でオンということで、0にして通常起動しました。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\DeviceGuard\Scenarios\HypervisorEnforcedCodeIntegrity