nginxでalias下のfastcgiへのパスの渡し方

nginx + php-fpm の環境。
最近はドメインのトップからWordpressのようなシステムを置くことが増えたので
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
で良かったのですが、
URI上の一部分を別のディレクトリに置いていたりするパターンでは、rootの定義し直しではなくてaliasを使ったほうがよさげらしい。
しかしaliasにしてしまうと不都合もあるようで

server {
  server_name example.com;
  listen 80;
  root /var/www/example.com/;
  location /somepath/ {
    alias /var/www/somepath/;
    index index.php index.html;
    location ~ \.php$ {
      fastcgi_pass unix:/run/php-fpm/www.sock;
      fastcgi_index index.php;
      # fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
      fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $request_filename;
      fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
      include fastcgi_params;
    }
  }
}

example.com/somepath/hoge.php をリクエストすると
$document_root$fastcgi_script_nameの場合 /var/www/somepath//hoge.php が渡されちゃう。スラッシュが2重になってしまうのでalias下では使えないことに。
$request_filenameの場合 /var/www/somepath/hoge.phpが渡る。こちらは望み通りの結果。

じゃあalias下じゃなくても$request_filename使えば良いのでは?と思って試した結果、
example.com/fuga.php のリクエストに対してどちらも /var/www/example.com/fuga.php となった。

大本がどこからのコピペだったか忘れたが、$request_filenameで良さそうだ。ただしrootとかaliasとかindexがしっかり定義されている文脈に限る。
rootのときは最後の/を調整してくれるけどaliasではしてくれないあたりからの違いってことか

参考
落とし穴とよくある間違い | NGINX 日本語訳
nginx $document_root$fastcgi_script_name と $request_filename の違い – Qiita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください