PCをスリープにしたのにすぐ復帰してしまう件、WOLが原因か

自作PCを組んで常に電源入れっぱなし的に使っていますが、やはり暑い夏には単なる熱源である時間も多いので、使わないときにはスリープもしくは休止状態にしてやりたいと思い、そのように運用を開始したところ、休止状態でもなぜかすぐ復帰してしまう

マウスとかキーボードが動いちゃうのかなーなんて思いましたが、デバイスの電源を切ってもすぐ復帰する。こりゃ別の原因だと思ってあれこれしてるうちに見つけたのがNIC。LAN。

Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする

Wake On Lan(WOL)なんて設定してないのになーと思ってNICのプロパティを見たら「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックが入ってました。そして「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にはチェックなし。
WOLするにはマジックパケットが必須だと思っていたのですが、調べたらそうじゃないpingなんかでも起きてしまうんだそう。Magic Packet限定にしないとすぐ起きてしまう。

ということで「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックを入れたら、スッキリとスリープ・休止状態になってくれました。
Magic Packet以外でも起きる設定がデフォルトってどういうことだい…たまたまデバイスとドライバの組み合わせがそうなっていただけかもしれませんけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください