孔子の論語の裏解釈

先日見かけたツイート。


なるほどなー。
元の論語と比較して、裏解釈ともいえる感じです。

せっかくなので並べてみます。

孔子が云う、
私は十五才で(学問の道に入ろうと)決めた。
三十才で(学問に対する自分なりの基礎)を確立した。
四十才で戸惑うことがなくなった。
五十才で天命を悟った。
六十で何を聞いても動じなくなった。
七十になってからは、心のおもむくままに行動しても、道理に違うことがなくなった
孔子が言うには、
15まで勉強せず、
30までニート、
40まで職を転々、
50まで自分探し、
60まで人の話を聞けず、
70までは気を抜くと他人の迷惑になっていた

まぁ、人生なんてどうにでもなるもんなんじゃないでしょうか(投げやり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください