2022年もお盆は隔離だった記

2021年は東京出張中に新型コロナウイルスに感染し、東京都内の隔離療養ホテルで過ごしました。→お盆を隔離施設で過ごした記 | Nacky – Snowland.net
そして今年、2022年は自宅隔離療養となりましたので記録。

結果的に家族6人中、末っ子以外は全員発症、陽性でした。症状は2日間の熱と鼻水、その後の回復中の鼻水絡みの痰という感じ。自分の経験だけで見ると、デルタの10日に比べればずいぶん軽かったと感じます。

気をつけていても来るときは来る

7月下旬からTwitterのTL上でも感染報告が増えてきた。個人的に気をつけていても、家族に手荒い手洗いうがい消毒のタイミングを教えていても、もらってきちゃうものは仕方がない。自分も出張中などは気を張っていたが、地元ではまだ楽観視していた。基本的な感染対策をしていて、それでももらったら仕方ないという覚悟は常にある。

TL上で家族全滅的な報告も見える中、長女の中学校から、学校行事(夏のイベント)参加生徒から発症陽性者が出たとの報。参加者には念のため外に出ない、人のいるところに行かないようにと通達があり。長女にはこれに従わせ、自宅でもなるべく部屋にいるように指示。
しかし2日後、長女が軽く喉の痛みを訴え始めたと思ったら翌朝には発熱。数時間で38℃台まで上がったのでこれは新型コロナが来たぞと判断。休日診療の病院で唾液PCR検査してもらう。病院周辺はPCR検査待ちの車でいっぱい。車内で唾液を採取して病院の窓から返す。休日と言うこともあり、結果が出るのは翌日の夕方ということで、とりあえず長女は部屋で自宅内隔離とする。
この時点では、すぐ隔離にしたので、感染の可能性は低いだろうと思っていた。しかし発症の1日目には感染力があると知って、不安は増大する。

気づいた頃には広がっている

翌朝、小学生の長男が発熱。特にその前の喉の痛みなどは訴えていなかった。長女も鼻水症状から耳の奥が痛いと言い始めたので、かかりつけの耳鼻科へ。唾液によるPCR検査と痛み対策の処方。結果は夕方判明、二人とも陽性。
長男は発熱の24時間前まで友人と接触があったので連絡しておいたが、その後3日以上発症がなかったので大丈夫だった。
長女長男を同じ部屋へ隔離。長男の熱は38℃台で食欲もなくぐったり。一方で長女は夕方には平熱に戻り始めた。昨年自分が10日ほど熱が下がらなかった経験と比べて、症状が軽くて驚く。
夕方に陽性報告を受けた際、保健所からの連絡は明日になるかもしれないと言われたが、すぐに来た。過ごし方や各種窓口の説明を受けた。

翌日、次男(低学年)が発熱。前夜から調子がおかしいと言っていたヨメも発熱、耳の痛みを訴える。同じくかかりつけの耳鼻科へお願い。この日はもう唾液PCRではなく鼻に棒を突っ込む抗原検査に切り替わっていた。即時に陽性判明。

地元では猛烈に検査数が増えたらしく、Facebookで別の医師が「(うちの病院では)PCR検査キットが切れた」と書き込んでいた。耳鼻科の駐車場も何組か検査待ちが居た。

長女はたまに鼻水からの痰絡みの咳をするぐらいで、既に元気。長男も徐々に熱が下がってきたが、食欲がなかったせいか元気はない。

誰に免疫があるのか考えたが

6人家族で私と末っ子だけが残されてしまったので、母親から離れられない末っ子はあきらめて、私を逆隔離することにした。とはいえ食事やら家事やらは私なので、こまめに消毒していくしかない。

なお次男は実家に来ていた従兄弟と遊んでいたので従兄弟も心配だったが、3月に既に新型コロナにかかっていたためか、その後も何もなかった。

自分が大丈夫なのはもしかして昨年デルタにかかってからワクチンを接種したので、抗体多くて助かったのかなーなどと根拠もなく考えていたが、ググって調べたら昨年のワクチン効果はぼちぼち切れているのが普通らしく、自宅内で逃げ切れる自信がなくなってきた。

末っ子が元気に何もないのは、実は6月に1日だけ高熱を上げたことがあり、その時は医者も検査をしなかったのだが、そこで既にもらっていたのではないかとも思えてくる。

とりあえず自分はまだ濃厚接触者の扱いなので、最低限の買い物には出られるということで、この先のことを考えて食料品など買い込み。

夕方に本日陽性判明の2名分について保健所から連絡。ヨメはCOCOAを入れていたので、COCOAの発番について聞いたら「今はあまりやってないので、なしでもいいですか?」と言われてしまう。マジですか。突っ込んで話しても面倒そうなのでそれ以上は聞かなかった。

結局自分にも来た

学校は夏休みなので子供たちの学業に影響ばかりないが、私は対応で仕事ができてなかったので、夜に穴埋め的に仕事。このときに喉に痛みを感じ始め、のど飴が染みる。明日は発熱来ちゃうなー、こういうときに体力を消耗するようなことはしたくないんだがなーと覚悟しつつ、今のうちにやっておかねば、と片付けた。

翌日、娘が喉の痛みを訴えた日を発症日=0日目として、4日目。次男も昼過ぎには既に平熱。回復が早い。ヨメもそんなに高熱にはなっていない。入れ替わりで自分が休みになる覚悟しつつも、まだ熱がなくて動けるので、家事等をこなす。
そして予想通り、昼から自分も熱が上がったかと思うと、2時間後には38℃台。なんかもう動く気もなかったので、手持ちの風邪薬にアセトアミノフェンが300mg含まれてるしこれでいいやーと過ごす。

秋田県の自宅療養サポートに連絡をして、日用品と食料品を送ってもらった。イオンのネットスーパーと提携してるのかな。これで2人分。後日また2人分が置き配される。

5日目。家族はもうすっかり平熱。奪われた体力と食欲をどうしたものかというところ。自分はアセトアミノフェン300mgの風邪薬を頼りに水分をとってひたすら寝る。他の症状は関節痛と鼻水。熱は36℃後半から38℃中盤を行き来しつつ、最高39.1℃。重症化リスクのある高血圧持ちで内臓脂肪もありますからね…!で、思い出した、血圧の薬が切れそうなのだった。自分だけ長期戦になるかもしれないし、翌日にかかりつけ医に見てもらうことを決意。

6日目。子供たちは家から出られない(出ても雨だし)ストレスからか、争いが絶えない。
自分はかかりつけ医に電話して、車から検査してもらい、処方もしてもらうことに。指定時間に医院の駐車場で待っていると、他にも2-3台同様の体制であった。流行ってるな。
鼻にスワブを突っ込まれて抗原検査。数分待たずともすぐにわかるレベルで陽性。血圧の薬とともに炎症止め、胃腸薬、解熱剤(カロナール、300 x2)を処方してもらう。薬は車の窓から投げ込まれた。
ああ、自分だとアセトアミノフェンが1回で600mg必要だったんですねー、風邪薬、足りなかったわ。

帰宅して早速服用、寝る。夕方に平熱になったあとは服用なしで平熱が続く。昨年の経験から長期戦を覚悟していたが、丸2日ちょっとで熱は引いた。

7日目。熱はないが、寝ることを優先して過ごす。買い物に行けてないのでメシのバリエーションに困り始める。冷蔵庫内の処分祭りみたいなメシ。

8日目。だいぶ楽になってきたので、活動を始めてみようとしたが、なかなかに疲れることがわかったのでさっさと横になる。食事は通常に戻る。
症状としては全員共通で、たまに痰が絡む咳程度。

以後、家で過ごしつつ、少しずつ体力を回復させながら作業復帰。長女から順次それぞれの制限解除待ちです。

症状は軽かったが

世の中の他の方々の状況はそれぞれだと思いますが、うちに関しては症状も軽かったので、大事にならなくて助かりました。
しかし行動制限の期間が長くて(必要なのはわかります)、子供たちは家にいるストレスからか、争いが絶えません。うーんw

感染力がある状態でも最初は気づかないぐらい元気なので、こりゃ広がるわなぁと思いました。熱が出たときには既に広げた後ということになるので、どうしようもないです。
かといってほんのちょっとの違和感だけで仕事やら行事やら休めるか?というのは、本当に難しいでしょうしねぇ。

特に結論などなくおしまい。

中古車サンバー、オーディオ入れ替え

サンバーディアスワゴンTW1は標準でオーディオがついていたようで、ラジオとCDが聞けて、左右ドアにスピーカーが付いていました。中央は一応2DINなのでナビも付けられますが、そんなにお金をかけたくないし、スマホで十分と思っているので付けません。
その代わり(?)以前の車で使っていたオーティオヘッドユニット(PIONEER MVH-390)があったのでそちらを取り付けます。10年前の製品で、ラジオ・USB・AUXだけ聞けるやつ。

標準オーディオの取り外し

しかし前の車から取り外すときにユニットからのハーネスを一緒に外さなかったようで、ケーブルが繋がらない。こちらはamazonで互換品を購入。またスバル サンバー用の純正オーディオからのギボシ変換も購入。アンテナケーブルの長さがギリギリであることもあらかじめ調べてあったので(みんカラの皆様に感謝ですね!)延長ケーブルも用意。


たくさん出てくるギボシ端子と延長済みアンテナ端子

ハーネス互換品はギボシ端子がついていないので一本一本圧着してやり、接続。あとは1DINの物入れパーツに穴を空けて、USBケーブルを通してスマホ充電可能に。充電元のアダプタはグローブボックスの中へ。

AUXにBluetoothレシーバーを接続

スマホホルダーとBluetoothレシーバーも接続して、とりあえず音楽やナビはスマホからできるようになりました。とりあえず最低限ここまではするつもりだったので、ハーネスが無い以外は順調でした。スマホホルダーはワイヤレス充電Qi対応でサイドが電動で開閉するやつ。なんか動作微妙だけど。

快適装備を目指すも

その後、秋田~東京を往復する間、アームレストが欲しいな!と思い立ち、適当なのをamazonで購入、置き場も木材で高くして設置してみたものの、大きすぎて邪魔だったので取り外し。パーキングブレーキの邪魔になるのよね…とはいえこれ以上後ろにはずらせない。

一時的に取り付けたが使われなくなったアームレスト

あとはドン・キホーテで目に入って買ってしまった広角ルームミラー(標準ルームミラーに取り付けるタイプ)が、重さでクターっと下を向いてしまうので、標準ルームミラーを取り外して、広角ミラーを改造して直接取り付け。車検に関係ない部品なので大丈夫なはず?

吸盤マウンタとそれを受ける金具を装着

東京往復は無事に済みましたが、燃費がすごく悪い。以前は16km/Lぐらいだったのが10km/Lぐらいに。原因は夏のエアコンか。
あとフロントに虫がついちゃうのはわかってましたが、隙間が大きいためか蜂がそのまま刺さってたりしました…

頭から刺さる蜂 その1
頭から刺さる蜂 その2

あとは同じく前の車で中途半端に使っていた時計+温度計+電圧計があったので取り付けてみましたが、温度が狂ってて使い物にならないので取り外し。センサーの周りが詰まってるとかなんでしょうけども、面倒なのでまぁいいや。

夏の放置車内ならわかるが、エアコン入れてもコレ。

サブウーハー装着

高速走行時はロードノイズが大きいのもありますが、そもそもこのサンバーディアスワゴン、静かじゃ無い。ドアの隙間の静音化も必要とは思います。
しかしそれ以上に標準オーディオの低音の出てない感じが困る。音楽が快適じゃないのもそうですが、しゃべりが聞こえない。
スピーカーから何から交換する手もあるのでしょうけども、そこまでやる気はないので、お手軽に(?)サブウーハーをつけることにしました。

Pioneer TS-WX120Aの未チェック中古品をお安く入手できたので早速取り付け。バッテリーから直接+を引いてくる「バッ直」でやってみましたが、電源が入らない。バッテリーの12Vもしっかり取れているしケーブルの導通もOK。未チェックだからハズレ引いたかなーとさらに別の本体のみジャンクを入手してみたものの変わらず。
ここでふと、コントロール端子に信号が無いのでは?と思ってサンバー純正側を見ると、確かに配線が来てないー!

手前下段がコントロール端子、右側が車体本体側。線が来てない。

別のACCラインからコントロール端子に接続して、無事に動作確認。ジャンク品のほうも動く…1台余ってしまったな。

サブウーハー、快適です。ベース系の音楽を流してもそこそこちゃんと鳴る。大音量にはなりませんが、そういうのは求めてないのでOK。喋りも男の人の低い声がしっかり聞こえて良い感じです。

中古車サンバーを入手

昔は車を買ったときに「買っちゃった!新しいTODAYなのだ!」って言うのが流行ったとかなんとか…

ということでスバル サンバーの乗用タイプ ディアスワゴンの激安中古車を入手しました。

サンバー ディアスワゴン TW1
10.6万km。機械式メーター

田舎暮らしに車は必須。うちは私もヨメも運転しますが、とりあえず1台で済んでおりました。しかし昨年あたりからもう1台、日常の足としての車が欲しいとなんとなく思い始めるのですが、自分でも何が欲しいのか定まらなかったので保留していました。出張等で必要なときはレンタカーで済んでいました。

しかし今年度になって、下の子が保育園に行くようになり、上の子たちもバラバラに部活で遠征になったりで、必要性が急上昇。さらに4月は某事務所の手伝い、GWには能代カップなどで、ヨメと別行動になることが増え、1ヶ月のレンタカーを借りました。ワゴンR、仙台のガッツレンタカーで5万3000円。

車2台体制生活、なるほど自由度が上がる。レンタカーが月5万なら年60万だし、保険料やら諸費用考えても激安中古車を買ってもいいんじゃないかとコスト的な自己説得が始まります。

さらに6月になり、自転車を運びたいという欲求が発生。ならば軽貨物、軽ワゴンかな。
以前ネットで読んでたインプレスCar Watch 正田拓也の中古「サンバー」生活も影響して、ホンダのバモス・アクティとも悩んだ結果、スバルのサンバーに絞ることに。
2週間ほど中古車サイトを見て情報を得ます。
サンバーの現行モデルはダイハツOEMになっていること(当然古いモデルならスバル製)。エンジンが後部にあって後輪駆動、RRであること。貨物タイプは2列目が簡易シート、乗用タイプはリクライニングしたり普通に座れること。ATは3速だがMTは5速だとか、スーパーチャージャーモデルがあるとか。

そんな中で10.6万km、5MTスーパーチャージャー付き、RR 2WDモデルが「現状渡し」条件でお安く出ていたので、実物を見もしないで即決。茨城県まで取りに行きました。

保険をどうする

自分で陸送する際の自動車保険ってどうするんでしょう。1台目の車の自動車保険に「他車運転特約」(一時的に借りた車などが対象)がついていたので保険会社に確認しましたが、購入した時点で自分の車になってしまうので、この特約は対象外とのこと。車台番号がわかればナンバー不明でも自動車保険に加入できるとのことで、陸送開始日から新規に保険をかけることにしました。

が、直前で予定が変わって日程が前倒しに。保険契約は既に済ませてしまっていましたが、期間の変更は解約→再契約になるということでまた面倒。そこで1日だけ入れる保険を探します。

自分はdocomoユーザーなので、d払いとかそっちの系統でなにかあるだろうと思って探すと「メンテナンス中」で契約できず。タイミング悪い。
結局LINE保険で加入。これ、カード払いとかができなくて、LINEにチャージして払わないといけなかったです(初めて使うのでいろいろ手続きが済んでいればカードでもいけたかも)。とりあえずコンビニでチャージして保険に加入。24時間で800円だったかな。

電車で最寄り駅まで行くと、お相手が迎えに来てくれて、実車とご対面。多少のキズヘコミは写真で把握していましたが、車体へのサビなどは軽微で、まぁ問題なし。キーレスエントリーは無いと思っていましたがついてました。うれしい。

名義変更

今回買った相手は中古車も扱うガソリンスタンドさんでしたが、書類を見たらこちらの社長がオーナーだったようです。「自動車検査証記入申請書」は予めご用意いただいていたので、車検証とともに受け取って、いざ秋田へ。

軽自動車協会へ行くと、素人でも丁寧に説明してくれるので、名義変更はできます。予備的に印鑑証明と住民票を取っておきましたが、印鑑証明は不要でした。無事にナンバープレートを受け取って取り付け。

それと、前所有者が自動車税を次年度から払わないようにするための「税止め」という手続きを1,000円で協会に代行してもらうことができるらしいのですが、どうせなので自分でやってみることに。
元の登録のある市役所に電話して聞いたところ、「軽自動車税(種別割)消失・変更に係わる申告書」をFAXしてくれれば良いとのことで、コンビニから送信。終わり。

自賠責保険の書き換えも元の保険会社の秋田支社へ電話してから訪問、手続きは10分ほどで完了。

新ナンバーと新車検証になったので、昔の車から外したETC車載器をつけて、最寄りのオートバックスで再セットアップをしてもらいました。10分ぐらいで完了。

軽自動車は車庫証明が不要なのですが、「車庫の届け出」なる手続きもあるそうで、知らなかった。しかしこれは対象エリアが決まっており、うちは対象エリアではないので不要でした。

使えている

元々快適さも求めず、乗れればいいや程度の期待でしたので、そこは満足。
現状渡しで覚悟はしていましたが、座席周りの土埃汚れ、枯れ草があり、これはあとで掃除しないといけない。
荷室は別途シートが敷かれていて、きれいに使われていました。また天井にレールがあり棒が渡されているので、自転車の固定にも良さそうです。
ルーフキャリアがついてますが、私の用途では使うことはないだろうなぁ。

高速道路も、うるさいですが走れます。スーパーチャージャーのおかげで極端なパワー不足は感じません。
RR 2WDが冬場どうなるかはわかりませんが…

お盆を隔離施設で過ごした記

秋田県在住ですが、月2回ぐらいは東京に出ています。
8月上旬に東京に出た際に、おそらく初日か翌日に新型コロナウイルス感染の機会があったようで、秋田に戻る前日に発症しましたので、そのまま東京で療養しました。

いろいろとネットから得た情報で助かった部分もありましたので、還元すべく(?)私も記しておきます。

続きを読む

機能性表示食品ノンアルコールビールを飲み比べ

2~3年ぐらい前から自宅で晩酌する際にビールではなく炭酸水を飲んでいましたが、やっぱりビールがいいなーと思っていたところで1~2年ぐらい前からノンアルコールビールのブームが来て(時期がかぶるのは炭酸水もビールも併用してたから)、ついにここ半年ぐらいは機能性表示食品ノンアルコールビールになってしまいました。

個人的には自宅で飲むとさっさと寝たくなってしまい、夜に作業ができなくなることが、なんかもったいないなーというのが動機。外で人と酒を飲むのは全然アリです。しかしその飲みも緊急事態宣言だまん延防止だでままならぬ世の中ですけどね…

ノンアルコールビール、いろいろ試してはみた

しばらくはサントリーのオールフリーを飲んでいたのですが、気づけば他社も機能性表示食品のノンアルコールビールを出していましたので、近所のスーパーで見かけた3種を購入して飲み比べてみました。考えてみたらアサヒがないな。目に付かなかったか。

サッポロ うまみ絞り ノンアルコール

もう缶の上に「尿」って文字があって違和感なんですが、だったらグラスに注げとw
なんか確かに「うまみ」が存在している感じの味。ゆえにちょっと違和感。2本3本といける感じはしなかったなぁ。
あと冷やすと違和感がうすれて結構飲めるかも。今度氷を投入してみようかしら。

キリン カラダフリー ノンアルコール

一口目からの感想が、「甘い」。ラムネっぽい甘みがほんのりと。そういう飲み物だと言われると納得するがビールだと言われると違和感。昔「ポストウォーター」とか好きだったので別に嫌いではないです。妙なアルコール抜けた感もなく、良いかも。しかし甘いので飽きる…

サントリー からだを想うオールフリー

慣れてるからというのもあるかもしれませんが、最も違和感なくビール感を感じるのがコレ。ノンアルコールビールは食事と一緒に飲めばだいたい何でもいけたんですが、オールフリーは単体でも飲める感じ(でもやっぱり2本目はあんまり進みません…)。

レッドアイが全てを打ち消す

今回すべて6缶パックで買ってしまったので「えーまだこれ飲むのか!」と絶望しかけましたが、トマトジュースで割ることで、そのへんの違和感を吹っ飛ばして飲みやすくなります。健康にも良さそうでしょう。腹も膨れて満腹が近くなりますよ!