VAIO VPCZ14をWindows10にした

VPCZ14AFJ(256GB RAID0 SSD+DVD)、2011年発売
Windows7からWindows10にしてみました。
メーカーからはグラフィックドライバの関係でアップデートできませんと言われていますが、まぁなんとかなるでしょーと実行。

■グラフィックドライバ
ダイナミック切り替えができないけども無理矢理nvidiaのドライバは入れられる。

VAIO Z VPCZ1 のグラフィクス機能を Optimus Technology を用いて動かす。 | みむらの手記手帳
VAIO Z (VPCZ11) のWindows10 アップデート – とのじの迷宮

しかしHDMI出力ができない!
プレゼンに使う機会も多く、最近はHDMIで接続することも増えていたのでこれはつらいなぁ。

■タッチパッド
windows10デフォルトで入っているsynapticsのドライバが当たってます。
右端を縦に触ってもスクロールしないなーとドライバ詳細を見てみると、なんと2本指スクロールに対応しているではないですか。

■ネットワーク接続
一部アプリで認識していないようだ。

タスクバーの「WebとWindowsを検索」
win-not-connected

Evernote起動時
evernote-not-connected

Skypeも最初サインインできなかったが、最新版を入れたら大丈夫だった。

■一部アプリのアンインストール
インストーラーがWindows10に対応していないのでアンインストールできない。
cannot-uninstall

最近はChromebookを使っていたので、ある程度のアプリが動かなくても苦労はしませんが、やはりOfficeが動くのはデカいなぁWindows。

VAIO VPCZ14をWindows10にした” への2件のコメント

  1. 私もvpcz14をwindows10にしました。
    HDMIに接続できないのは最大のデメリットですよね。

    あと私の場合は外付けのBlu-rayが再生できない(HDCP非対応)って
    表示され再生できなくて困っています。
    Windows7の時に再生できたかどうかは今となっては不明ですが、
    vpcz14の液晶はHDCP対応のはずなので、
    おそらくグラフィックまわりがうまくいってないようですね。

    Blu-rayを再生できる方法をご存知でしたら教えてください。

  2. windows10 アニバサリーアップデートしたところ、HDMI出力可能になりました。なんだべね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください