旅先でRaspberry Piのセットアップがしたくなったら

そのうちセットアップしようと思ってたRaspberry Piを旅先まで持ち歩いてしまい、今がそのときだ!と何かが降ってきたものの、ディスプレイもキーボードも無い。あるのはノートPCだけ…

そんなときにはヘッドレス状態でSSHを繋いで使えばいいのよ!
Headless、いい響き。
ということで調べながらやりました。
Raspberry Pi 3 Model B+です。

Raspbian OSを用意する

とりあえずRaspbian Strech Liteをダウンロードします。
今回の用途はCUIオンリーのつもりだからLiteで良い。
Download Raspbian for Raspberry Pi

microSDカードへのイメージ書き込みはEtcherを使いました。
balenaEtcher – Home

SSHを許可する

bootパーティション(Windowsからも読める)に「ssh」という空のファイルを置くと、sshが許可されるんだそうな。その通り作成。

DHCP環境を作る

Windowsは宿のWiFiに繋げてますので、有線でPCとRaspberry Piを繋ぎます。
Windows側はDHCPサーバーにして、宿のWiFiを共有してやる。
インターネット接続を共有するほうのアダプタから設定する(逆にしてて困った)。

ipconfig /allでDHCPアドレスを確認、arp -aで通信先を確認。
Raspberry Pi側がどのアドレスになったかはこれで確認。

PowershellからSSH

普段は旧Poderosaを使ってるんですが、気まぐれでWindows PowershellからSSHを使ってみた。
Windows PowerShellでSSHを使う | デジカシ
おおーこれで全然いいじゃないか

ssh pi@192.168.xxx.xxx
pi@192.168.xxx.xxx’s password: raspberry

つながった!

SSHさえつながればあとはどうにでもできますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください