CentOS8で名前解決できない(RTX830の下)

新規環境でCentOS8を入れてみたら、名前解決ができない。
digコマンドをたたいてもFORMERRと出て解決できない。
mxが引けないのでメールが送れない…

LAN内でのIPv6が悪いのか?などと思ったが違った。
dig +noedns example.com と、+noednsをつければ引ける。

EDNS、EDNS0という拡張プロトコルで問い合わせをする方式。
digコマンドでは+noednsによってEDNSを使わないで問い合わせする。

つまり、このCentOS8の上位のネームサーバーがEDNSに対応していないことが問題だった。
となれば疑うは上位のルーター。今回はYAMAHA RTX830。

27.4 DNS サーバーを通知してもらう相手先情報番号の設定

ばっちり、ファームウェアアップデートでEDNS対応していた。
Windowsからtftpでrtx830.binを送ってやる。

アップデート完了後
dns server pp 1 edns=on
と設定し、CentOS8側でも名前解決できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください