ドライブゲーム中なのにマジで泣けてしまった 198X

多分自分が最初に遊んだドライブ・レースもののゲームはファミコンのF-1 RACEか、スーパーマーケットの片隅に置いてあったPOLE POSITIONじゃないかと思います。
Out Runもやった覚えはありますがまだ小さくてまともにできなくて(アクセルに足が届かない!)、そして中学生になる頃にはレースゲームは古くなっていて興味がなくて、でもその後ドライバーズアイやバーチャレーシングが出て、高校生になったあたりでデイトナUSAとリッジレーサーが出てきて大変なことになった覚えがあります。

198Xの3面目はOut Runみたいなドライブゲーム『THE RUNAWAY』です。そんなに難しくもなく、そしてそれっぽい内容にニヤニヤしながら進めたら…ねぇ。

この演出はズルいでしょう!というかゲーム本編と主人公の境遇が重なるってもうどっちが現実でどっちがゲームなんだかわらかない!(という狙いなのでしょうけども)

初回プレイ時、マジで涙が出ました。2回目以降もちょっと気が緩むと泣けちゃいます。少年時代にレースゲームにそんな風に向き合ったことはなかったけど、今考えたら重ねちゃったりもしますよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください