nginx webサーバーをIPv6対応にするときSSLでハマった

CentOS8 + nginxの環境で、もともとIPv4のみ対応だったサーバーをIPv6対応にすることにした。
OSレベルでのIPv6有効化は結構環境というかそのときのバージョンに左右されているので随時資料を見ることにする。(さくらのVPSではデフォルトでIPv6無効だが、有効にする手順も提供されていた。「再起動してください」とか雑な感じではあったが)

nginxではconfのserverディレクティブ内で listen [::]:80; listen [::]:443 ssl;を追加すればすぐ動く。ファイアウォールもfirewalldでサービス単位で通しているのでIPv4/IPv6を意識しなくても良い。

しかし、動かなかった…。

正確に言えば、ポート80でのIPv6通信はOKだったが、443でのSSLがダメ。ERR_CONNECTION_RESETやERR_CONNECTION_CLOSEDが返ってくる。

これ、IPv6かつ443 SSLのなかでのdefault_serverが決まっていないと起こる。
適当なserverディレクティブにdefault_serverを書くと期待通りに動いた。IPv4では既にdefault_serverが設定されていたので、増設分が必要だったわけだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください