Lawson x Ingressブーム仕掛人の語りを聞いてきた

Peatixというモバイルチケットシステムでイベント運営をしている会社(?)がローソンのIngressコラボ担当さんとセミナーをやるというので申し込んで行ってきました。場所はアーツ千代田3331、近い。

【参加無料】Lawson x Ingressブーム仕掛人が語る「情報疲労時代の体験型マーケティング」 | Peatix

DSC_0316

前半のPeatixの藤田さんの情報疲労時代についての説明がまず面白かった。情報疲労って言葉は2年ぐらいまえから結構耳にしていたけれども、マーケティングとしての対応策が「体験型」だったりしている、と。
で、体験型といえば今回はIngressでローソンですよねー、ときれいな流れでローソンの佐藤さんが登場。

NIAがローソンとコラボしたのは47都道府県すべてに店舗があることが大きかったようだ。
ローソンにとってはゲーム内の行動が直接来店動機になったり、店舗の存在を知ってもらうきっかけになり、それが毎日続くというあたり。

効果については未知数だそうで、測定できてない様子。直接的にゲームに介入して測定するような形は実施していないし今後もあまり考えていない模様。バランスが難しいと。

ただし今後の予定としては
・7月7日からパスコード付きマチカフェプリペイドカードを数量限定販売
・何かしらのクーポン発行
があるらしい。

そして、本部からIngressコラボについて、各店舗にはそんなに説明していないとのことでした。
お店に入らなくてもポータルはつかめるしねぇ。

これからのIngressがどうなるというよりは、マーケティング面から楽しめる内容でした。

【追記】
【セミナー】LAWSON × Ingress仕掛け人が語る 情報疲労社会の体験型マーケティング – Togetterまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください