バスケットボールの殿堂に行った話(交通面)

アメリカ、マサチューセッツ州スプリングフィールド。
ここには「バスケットボール殿堂(basketball hall of fame)」があるのです。

DSC_0292

そういえば行ってきたのに何も書いてないな、
検索しても行き方とか日本語解説もなかったので書いておこうと思って記します。
(1年半経ってますけど)
自分も行ってみたい!という方の参考になれば幸いです。

訪れたのは2015年の2月中旬、とても寒い時期でした。
日本との温度差…
16 - 1

そんな中、
成田からニューヨーク(飛行機、ANA)、
ニューヨークからスプリングフィールド(鉄道、AmTrak)、
スプリングフィールドからボストン(バスの予定をやめてレンタカー)、
ボストンからニューヨーク経由で成田(飛行機、DELTAとANA)、
というルートで行ってきました。

■ニューヨークからスプリングフィールド
DSC_0086
ニューヨークまではどうやっても行けるとして、ニューヨークからスプリングフィールド。
あらかじめ日本にいるうちにAmTrakのサイトで予約しておきました。最初はvalueのお値段で取っていたのですが、
2週間ぐらい前になって予定が固まってきたので、一旦キャンセルして払い戻し、
あらためてsaverのお値段で取り直しました。
ニューヨーク、ペン駅からスプリングフィールドまで、saverで34ドル、valueだと47ドルです。
子供は少し安くなります。

DSC_0270
PENN Stationはマジソンスクエアガーデンの地下にあります。
予約のe-ticketを持って行って、発券機で発券。
特に苦労することはなく手に入ります。

DSC_0269
AmTrakは日本の鉄道と違って、あらかじめ何番線に入線するかわかりません。
10~15分前に何番線に入るかが発表されます。
そして5分ぐらい前にホームへ降りる階段の上で改札開始。
整列の概念がないのでちょっと争い気味にホームへ入っていきます。

DSC_0271DSC_0273
Reserved Coach Seatを取りましたが、Reservedは指定席というわけではなく、
座席数は確保してあるから適当に座れということのようです。
ドキドキしながら座りましたが、途中、車掌さんが検札に来て問題なかったのでOKだったのでしょう。
車内はWiFiも使えます。

■スプリングフィールド市内
DSC_0275
PENN Stationから3時間半、Springfieldに到着です。
ホテルまでバスを考えていましたが、子供がグズッって大変だったので、タクシーを呼ぶことに。
待合室で家族のトイレなどを済ませ、外に出ると…何もない。タクシーもいない。
(300mほど行ったところにあるバスステーションにはタクシーがいたようです)

DSC_0279
このときはスマホでUberを呼びました。Uber Xで営業している人がいて助かりました。

翌日、ホテルからバスケットボール殿堂へ。
ホテルでタクシーを呼んでもらい、乗車。メーターの上がり方がUberより高いよー

バスケットボール殿堂からはマサチューセッツ市内を徒歩移動(観光を兼ねたIngress)、
バスステーションからバス移動しました。

市内はバスとUber/タクシーの組み合わせでだいたい動けます。
とはいえ街中の感覚が、そうだなぁ、ドーナツ化現象で外側に人口が移動してしまった田舎町、
という感じですので、車はあったらラクだと思います。

■スプリングフィールドからボストン
SpringfieldからBostonの間には鉄道がありません。
AmTrakで移動しようとするとニューヨークまで半分戻ってから移動することになり、
なんと6時間もかかってしまいます。

ということでピーターパン(Peter Pan Bus Lines)という長距離バスで移動しようと考えました。
片道24ドル(時間帯によっては安いものも)です。

しかし途中で寄り道したかったのと、子供が途中で何か騒ぎ出したらー…みたいなのを考えて、
レンタカーにしました。
Hertz Rent A Carが近所にあったので、一応会員でもありますし、ボストンまでワンウェイで。
2時間かからず到着したはずです。

DSC_0556

レンタカーは丸24時間借りて本来90ドルにおさまるところ、
給油口の開け方がわからなくて!w
レンタカー屋に頼んで返したら155ドルになってしまいました。

■ボストン市内からローガン国際空港
ホテルのロビーに空港まで定額のタクシーの案内が貼ってあったので、
それを頼みました。30ドルしなかったはず。

DSC_0704

ということで、2015年2月時点での情報ですが、
バスケットボール殿堂に行ってみたい方、ご参考に。
Uber呼ぶにも携帯が使えないと困るので、その際のSIMカード入手の顛末は下記にて。
ニューヨークでSIMカードを手に入れるまで | Nacky – Snowland.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください