成増になります

オヤジギャグが言いたいわけじゃない(言いたいけど)

「~です」「~でございます」と言えば済むところを
丁寧語のつもりか
「~になります」
と言っているのがイライラするのだ。

ファミレス敬語だ、正しい日本語だ、の議論があるのはわかるし、
時代と共に誤用が受け入れられていくのもわかっている。
自分が間違っていることもあるだろう。

でも現時点で、違和感があることは表明しておきたい。

「成ります」と変化の動作の意味を考えれば
適切かどうかすぐわかりそうなものだけれども。

微妙なニュアンスもあるだろう。

アパートを探していたとして、
「この物件の最寄り駅はどこですか?」と聞かれたとき

「成増になります」
「成増です」「成増でございます」

どちらが妥当だろうか。

他の物件も探していて
「物件Aですと下赤塚ですが、物件Bですと成増になります」
だとすると、妥当性も出てくる気がする。

目的が物件Aから物件Bに変化するのに伴って、最寄り駅も変化したから。
ちょっとこじつけ感もあるが、そういうのは、まぁ、許容できる。

イライラするのは、明らかに動作も変化も伴わないもの。

「お待たせしました、こちらビールになります」

ビールに成ります……現段階ではまだビールではないのだろうか。

60年前に既に使われた「~になります」は正しい日本語なのか – 法と経済のジャーナル Asahi Judiciary
常に「これでいいのか」と考える姿勢は見習いたい。

Narimasu Station north 20160719 – 成増駅 – Wikipedia
すみませんさんざんネタにしてますが、成増は住んだことがありません。
たぶん降りたこともないな。

成増になります” への2件のコメント

  1. 接客業に就ていた時、新人バイトに
    「〜になります」
    だと、変身しちゃうことになるから、
    「〜です」
    にしてね。って教育していました。
    (ございます、ほど格式高い店ではなかった)

  2. ピンバック: 頭の悪いパナシ 62 – 言葉の端から余計な気苦労しちゃう系 | Nacky – Snowland.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です