アメリカでプリペイドSIMを買って使った(AT&T GoPhone)

AT&TのGoPhone+データパッケージを使いました.
先に結論
・APN設定は正しく
・通信量は意外と無い
・AT&Tといえども屋内や混雑で電波状況が悪いときはある
・電波状況が良ければskypeだって使えるぐらいの速度

さて深く考えずにアメリカに来たわけですが,

地図もガイドブックも持たずにレンタカーを借りて空港を出たは良いものの,交通案内は読んでも通りの名前と位置関係がわからないのでどうしようもなく途方に暮れる

…などということをやらかしてしまい,携帯というかスマホというかインターネットに繋がることの重要性を再認識したわけで,せっかく手元にNexus Oneがあるのだから,SIMを挿せばいいじゃないか,ということでAT&Tのお店へ.
AT&Tのお店を探すのにもネットが必要で,宿のWiFiに金出して接続…24時間で$8とか,高いよ…

で,当初はプリペイド携帯であるGoPhoneと,データプランのSIMを別々にいただこうと思ったのですが,素直に「SIMフリーのAndroid機があるからデータSIMくれ」と言ったところ(実際にこのように英語が言えて通じたかは不明),「3GBまで$30とかのデータプランはiPad用だし,ダメよー」的なことを言われます.

次の行き先もあり面倒だったので一番楽なGoPhone(プリペイド携帯)にデータパックをつけるプランで行くことに.こちらは500MBを$25で買うというもの.

結局$50のプリペイドSIMを購入して,そのうち$25をデータパックにします.
通話のほうは使った日(着信発信どちらでも)は$2,いくらかけても国内$2,というもの.
滞在4日で$8引かれてますので,そのまんまです.通話は結構してます.

APN設定についてはAT&Tストアの店員ですらググって調べていた…大丈夫かいな.
と思ったら,NexusOne(+CyanogenMod)にSIMを挿したら自動で入ってました.
しばらくして「↑↓H」マークが出て,緑色になったので,正しくGoogleサービスと通信できているようです.

問題無さそうだな,ということでサンキューサンキュー言いながらガッチリ握手を交わし「have a nice trip!」と言われてお店を出ます.

さっそく横のドラッグストアで買い込みをして,その様子をtwitterにレポートしようとしたところ,つながらない.
Gmail,GoogleMapsはつながる.twitterやfoursquare,facebookが繋がらない.
あれー?

とりあえずGoogleマップナビが使えれば移動に困らないので放置.
その後twitterその他は「たまにつながる」という状態に.おかしいなー.
さらに宿に戻ってテザリングを有効にしてPCを繋いだところ,これがまた見事に全然繋がらない.

これは何か問題があると思い,でも調べようにもNexusOneは繋がらなくて,仕方なく宿のWiFiを1時間だけ購入.$1.
ここでAPN設定を調べてみると,二つ説がありましって

・IDだけでOKだよ,AuthTypeも指定しないよ
・Passwordが必要だよ,AuthTypeはCHAPだよ

結局後者が正しかったようで,

AT&T GoPhone SIM APN settings
APN Name: ATT
APN: wap.cingular
proxy: –
port: –
user name: WAP@CINGULARGPRS.COM
password: CINGULAR1 (元の設定には入ってなかった)
server: –
MMSC: http://mmsc.cingular.com
MMS proxy: wireless.cingular.com
MMS port: 80
MCC: 310
MNC: 410
authorization type: CHAP (元の設定には入ってなかった)
APN type: – (元の設定には default,supl,mms となっていた)
APN protocol: IPv4

としたところ,無事に通信できるようになりました.

しかしそれでもたまにおかしい.
これは単に電波の強さの問題のようです.

またまたググって調べてみると,
・AT&Tはドコモが取り沙汰される2年前にiPhoneによる回線逼迫トラブルを経験済み
(docomoやsoftbankは品質が良かったので露呈しなかった説)
・AT&Tはカバー範囲こそ広いが,建物の影や利用者の密集に弱い
とのことで,オーランドの観光地ホテル街International Dr.ではピークタイムに繋がりにくく,そしてホテルの部屋の中ではあまり期待できなかったようです.

しかし携帯を窓際に置き,あまり通信されてなさそうな現地時間朝4時にspeedtestで測定してみると,下り2000kbps,上り300kbpsくらいは出ます.混み合ってる都内のdocomoより速度出てます.
ただし部屋の内側に入るとアウトです.

ということで,使いどころさえわかれば問題無い感じに.

データ量は4日間で300MB/500MBちょっと行ってます.mygophoneのページから確認できます.
Android2台でtwitter,facebook,foursqure,写真up,テザリングしてちょっと仕事,ぐらいの内容.
足りなくなったら$15を足して,既にある$17と合わせて,データパックを追加で購入することになりますが,次の宿はWiFiが無料なので,ギリギリリフィルしなくて済むかなというところ.

ところで,mygophoneでアカウントの情報を登録しようとすると,「国名が選べない」という事態に遭遇します.
なぜかブラウザの使用言語をスペイン語にするだとか,Firefox2.xを使うだとかいう方式でないと登録ができません.
自分はVMware上のwindows機にFirefox2.xを入れて,そちらからホテルの住所を使って登録しました.登録だけ通ればあとは問題ないようです.

GoPhoneは国際通話もそこそこ安いようですが,それでもskype outのほうが全然安いですね.
試しにGoPhoneのデータパック上のSkypeで電話してみましたが,特に問題無く使えました.

その後ホテルのWiFiでSkypeを使ってみましたが,こちらは問題ありで,結構ロスが出るようです.
下手なホテルのWiFiよりも3Gのパケット通信のほうがSkype使えるという奇妙な状態に…!

2 thoughts on “アメリカでプリペイドSIMを買って使った(AT&T GoPhone)

  1. ピンバック: ニューヨークでSIMカードを手に入れるまで | Nacky – Snowland.net

町田メガネ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください