紅茶はred teaじゃないけど、blue teaって何?

英語はイギリスの言葉だからteaと言えば紅茶、だから緑茶はわざわざgreen teaというのだ
みたいな感じで中学英語を習ってきましたが、他のお茶は何と言うのだ、という話になりまして

そういえばと飛行機のメニュー写真を引っ張り出してきました。
中国国際航空はさすが中国、機内でいろんなお茶が提供されます。
(ちなみにコーヒーはネスレのインスタントっぽい風味)

メニューの写真を見ると
紅茶 black tea
青茶 blue brown tea 半発酵のお茶
茉莉花茶 jasmine tea ジャスミン茶
普洱茶 pu’er tea プーアル茶
龙井茶/龍井茶 longjing tea ろんじん茶
烏龍茶 oolong tea ウーロン茶
などが並んでいます。

括弧書きの中身を見るとlongjin teaにもgreen teaと書いてあるし
blue brown teaがあるのにoolong teaにも青茶と書いてある。

まぁ英語は、お茶をいろいろと分ける文化圏の言葉ではないですから
直訳バッチリの言葉があるわけじゃないんだろうなぁ、ということで。

ところでなぜ「青茶」と、青を使うのか、

青茶を知る(1) 青茶は何故「青」茶なのか? [中国茶] All About

緑という意味に「青」を充てていたのですねぇ。
日本でも信号機の色を青とは言いますが、実際は緑との中間色だったりしますからねぇ。

半発酵の深い色になると言えば、私の地元秋田県能代市の檜山茶もそんな感じなんですな。
(鶴瓶の家族に乾杯で取り上げられて、来年分まで予約でいっぱいだそうですけども!↓)

そんなわけで紅茶をblack teaと言うことと同時に緑が深いお茶をblue teaって言うんだぜー
みたいな小ネタを覚えておこうと思います。

秋田ローカルなコンビニおにぎり「ぼだっこ」(塩辛い鮭)

秋田県内のコンビニに入っておにぎりを買おうと思うと「ぼだっこ」が置いてあります。
確かに秋田県内どこにいってもある気がするし、
県境をまたいで青森・岩手あたりにもある程度広がっている気がするんです。

と紹介しておきながら、私は「ぼだっこ」という秋田弁にあまり馴染みがありません。
能代だからですかね、「ぼだっこ」というよりは「塩引き(の鮭)」と言っていました。

そういえば以前、山形県米沢市の特急寿司さんで、塩引きの握りを食べたことがあります。
山間部なので生魚が入らず、塩漬けにした鮭を握ったのだとか、そんな感じで聞きました。

しかし肝心の塩引きの握りの写真は撮ってなかったw

旧塗装の山形新幹線「つばさ」が回っているお寿司屋さんです。

すごく眠い、だるい、頭が痛い…

眠さと頭痛がヤバかったのですが、
どうもビタミンB不足によるものと、
ビタミンB12不足による神経痛なんじゃないか、という話。

2週間ほど前から先週にかけて、すごく眠くなることがありました。
特に食事のあと、猛烈な眠気が来て、無理して起きてるよりは…と思って寝ますが、
30分~90分ぐらいスコーンと落ちるように寝ます。
起きてもスッキリしません、だるいのです。

糖質の摂り過ぎかなーと思って食事から炭水化物を減らしたりしていましたが、
ついにある朝、あまりのだるさと、追加で発生した頭痛のため、病院に行くことを決意。

頭痛は頭の芯がズキズキする感覚と、目の周り・奥がにぶく痛い。
さらにときどき頭の表面全体にピシッと痛みが走る。
あと、やたらと眠い。あくび出まくり。

かかりつけの医者にはいきなり「その症状はウチじゃなくて総合病院に行きなさい」と言われ
紹介状ナシなので追加料金覚悟で総合病院の脳神経外科へ。

看護婦さんとの問診で、まずはCTスキャンを取りましょう、と。
人生2度目のCTスキャン、かな?
断面図が撮れました
(どうでもいいけど記念に画像データくれないかなぁw)

CTの結果としては異常なし。
血液検査もしてもらって、結果は次回ということで、
その日は痛み止めを処方されておしまい。

しかしこの痛み止めがほとんど効かない。
だるいながらもなんとか生活。寝てる間は痛くない。起きてもスッキリしない。

この時点では、隠れ脱水症状を疑って、
とりあえずは水を多めに飲むようにしてました。

翌日、少しマシになった気がするので子供のバスケの練習にお付き合い。
頭は痛いですが、体は動かせる。
すこし運動してたら、なんだかラクになった気がする。

運動不足、肩こりによるものかしら…?

しかし練習が終わって体が落ち着いてくると再び痛みが。

運動もしたことだし、炭水化物は少し多めに食べることに。

そこでTwitterを見ていたら、ビタミンB1不足が指摘されたツイートが回ってきた。

(なぜか元のツイートが削除されているので代わりに>
「オタクが毎日慢性的にだるいのはビタミンB1不足のせい!」というつぶやきが話題に! – Twiggy×Twiggy!

 

ビタミンB1不足だと、炭水化物・糖質が分解されない
ビタミンB1不足だと、だるさが消えない、眠くなる

…で、思い出しましたよ。

以前にCTスキャンを取ったのも頭痛で、そのときは神経痛と判断されて、
傷ついた神経を修復するビタミンB12を処方されたのです。
そして1週間もしないで治りました。

ということは
・中心の痛みは栄養不足関連
・表面の痛みは神経痛

いずれもビタミンBです(B1とB12)。

ということで、ビタミン剤を買ってきて飲み始めました。
ご飯も普通に戻して食べるようにしました。

…翌日にはだいぶ回復!

ということで、思い込みのままご飯を減らしたりするのは良くないですね。
あとビタミンBは不足しがちなので、サプリメントで取ることも併用します…

おまけ


反応したのはじくうだけだったな…

緑のざる中華

「ざる中華」
食べたことありますか?

何てことは無い、
中華麺を茹でて冷やして洗って、「めんつゆ」で食べる。
それだけ。

しかしこれが、麺のうまみが直接味わえて、おいしいのです。

日本のどこにいても中華麺とめんつゆは手に入りますからね、
お手軽でおいしい。素晴らしい。

どうもコレ、東北(しかも北東北が中心)ローカルのようで。
東京で人に食べさせると今までなかった出会いに感動されます(おおげさ)。
ざる中華 – Wikipedia

しかし、さらに本場(?)の秋田、岩手では「緑のざる中華」が定番。
(盛岡の人に緑のざる中華食うって聞いたからたぶん定番)

秋田県内ではどこのお店でも容易に入手可能。冬でも売ってる。

この緑の素、メーカーによってワカメ、ホウレンソウ、クロレラ、ギバサ(アカモク)など、
様々に工夫があり、年々新商品の開発もされているようです。

昨日、秋田から東京に移動する前にスーパーに立ち寄ったら、うわさのギバサ発見。

NHKあさイチ!で花粉症に効くとか言われてたアカモク=ギバサですからね。
ぎばさちゃんと共に応援しましょう。ねばぎば!
渚の妖精ぎばさちゃん

パスタ乾麺を水で戻してもちもちナポリタン

昨日のNHKあさイチで水戻しパスタでミートソース作るのをやっていたので、自宅でもやってみました。
挽肉じゃなくてバラ肉を自分で刻んでやってみたらミートソースというより喫茶店ナポリタンみたいな感じに。

しかし水戻しパスタ、昔ネットで見たよなぁと話していたら実家では試してガッテンでやっていたという話。
テレビの元ネタの一部としてネットが有効に使われているなぁと興味深く、
ざっと検索してみたら1ページ目がその歴史のようになっていて面白かった。

mizu-pasta

たしかにこのblogでもロケットニュースの記事を2013年6月に貼ってた。実際のネットでの話題はそれよりもうちょっと前でしょう。
ロケットニュースが2013年6月で、NHK試してガッテンが10月。

それはそうと、放送時の記憶を適当に手元の材料でアレンジしてやりましたが実際のレシピはこちら
Katsuさんの!ミートソーススパゲッティ|NHKあさイチ

挽肉→豚バラスライスを自分で適当に刻む
トマトジュース→コストコで買ったトマトクラムカクテル
チーズとかバジル→なし、クレイジーソルトは使った
ミニトマトは自宅収穫

水で戻したあとの加熱具合がポイントなのかなーと思います。
あと思ったよりトマトジュースの水分をパスタが吸うので、少し水っぽいかなーと思っても大丈夫。

…あっという間に食われて写真も撮らなかったのでコストコのクラマトのボトルだけ掲載。

dsc_2517