3D迷路はやがて現実と繋がって… 198X

198Xのステージ5は3Dダンジョンおを進むWizardry風のゲームです。
目的はドラゴンを3体倒して迷路を脱出すること。
が、これ、音楽も画面も進むに従ってだんだんおかしくなっていく…

回復行動が1回しか取れないので、レベルアップで回復するタイミング、死ぬタイミングを考えないと最後のドラゴンにたどり着くのが難しい。

敵(?)である「マザーボード」のメッセージ、なんだか子供を叱る母のよう。その通り「マザー」なのかもしれません。

最後、立ち上がるシーンまで、没入してください…

何度死んでも乗り越えると成長できる、アクションゲーム 198X

いつからか、横スクロールアクションゲームが結構好きなんですねぇ。ゼルダの伝説よりもリンクの冒険が好きだったし、Wonderers from Ys(イース3)もかなりやってたし、PCエンジン版のXZR(エグザイル)とかかなり好きでしたし。

で、そんな感じを思い出させてくれつつも、スピード感と斬りの爽快感を持ち合わせたゲームが198Xの4つめ、『Shadow Play』です。
ただ、これ、すげぇ死にまくるんですよ。そのステージから復活だからいずれなんとかなるけど、覚えて反応するまでが大変。しかしそれがまた良い。

Shadow Playのあとのストーリーは、なんだか重くなってきます。少年時代の環境とか、フラストレーションとか、そういうのがゲームに向かう部分もあるよね…

ドライブゲーム中なのにマジで泣けてしまった 198X

多分自分が最初に遊んだドライブ・レースもののゲームはファミコンのF-1 RACEか、スーパーマーケットの片隅に置いてあったPOLE POSITIONじゃないかと思います。
Out Runもやった覚えはありますがまだ小さくてまともにできなくて(アクセルに足が届かない!)、そして中学生になる頃にはレースゲームは古くなっていて興味がなくて、でもその後ドライバーズアイやバーチャレーシングが出て、高校生になったあたりでデイトナUSAとリッジレーサーが出てきて大変なことになった覚えがあります。

198Xの3面目はOut Runみたいなドライブゲーム『THE RUNAWAY』です。そんなに難しくもなく、そしてそれっぽい内容にニヤニヤしながら進めたら…ねぇ。

この演出はズルいでしょう!というかゲーム本編と主人公の境遇が重なるってもうどっちが現実でどっちがゲームなんだかわらかない!(という狙いなのでしょうけども)

初回プレイ時、マジで涙が出ました。2回目以降もちょっと気が緩むと泣けちゃいます。少年時代にレースゲームにそんな風に向き合ったことはなかったけど、今考えたら重ねちゃったりもしますよ…

学校でゲームのことばっかり考えてた時代もあった 198X

小中学校の頃はノートの片隅とかにゲームのステージを考えたりして遊んでました。しなかった?

たとえばシューティングゲームならステージ構成と敵がこのへんから出てこう動く、とか。

そんなことを思い出させてくれつつも、しっかり遊べる『198X』。5つあるうちの2つ目の動画です。

ゲームで泣いた。内省して泣いた。198X

感動して泣いた、って映画の感想とかでよくありますが、感情移入して泣けてくるのと、自分の過去に重ねて内省して泣けてくるのはまた別のタイプだと思います。

先日Nintendo Switchで出会った『198X』というゲームは、ゲームという体裁でありミニゲームが5つあって確かに懐かしい感じのゲームなのですが、間に入っているビジュアルシーンと相まって、自分が生きた1980年代末(1990年代前半も含もう)を肯定してくれた感じがする、そんな「作品」でした。

そしてそういう「泣けた」だったんです。

伝えたいので、ネタバレにもなっちゃいますが、プレイの様子を動画にしました。
全5ステージなので1つずつupしていく予定。

SteamとPS4でも展開されているらしい。