HHKB BTの持ち歩きケース

外ではタブレットPCとHHKB BTを使っていますが、HHKB BTをどう持ち歩くかが課題でして、とりあえずは購入時に予約特典でついてきたスマートケースなるジャージ生地の袋で包み、カバンに入れておりました。

が、2年?3年?使って口のあたりが解れてきた。

ということでトランスポーター TR-HHK を購入。
HHKBと、ちょっとしたケーブルを挟んでおける。

なかなかすっきりして良さげ。
あとおまけ的にタブレットPCを立て掛けることもできる(重さで倒れますけど)

お値段が5k円もしちゃうので以前から購入は迷っていた。スマートケースが壊れてきてなければ買わなかっただろうなぁ。でも買ったら満足した

IIS ISAPI 32bit/64bit でハマった

新しいWindowsはほとんど64bitだから32bit時代のISAPI向けDLLをIISで動かそうというときはアプリケーションプールの詳細設定で32bit対応をtrueにしないといけないよ!
という話。

Windows Server 2003の緊急リプレースに呼ばれ、当然OSだけじゃなくて乗っているソフトウェアも移行せねばならず、とっくに各種ソフトのサポートも切れており、しかもカスタムされたソフトウェアなのでメンテナンス向けマニュアル類が貧弱な環境。とりあえず元サーバーのファイル構成から見よう見まねで組み上がり…ました!

が、IISの部分だけどうしても動かない。
dllをISAPIでハンドリングさせてやれば良いはずなのだが…
最初は403エラー、権限の設定で実行が入っていないためだとわかったが、実行に入れてやると500エラー。しかもdll本来のエラーメッセージではないのでIISからISAPIでハンドリングする部分がおかしいようだ。ここでハマり。

アプリケーションプールを.NET 2.0で作成、その後IIS管理ツールの右側にある「詳細設定」から「32 ビットアプリケーションの有効化」をtrueに…
あっさり動いた。こんな項目があること自体が頭から抜けてたわ…

ということで、業務系システムはメンテナンスできるところを確保しながら延命するか、延命できないなら次のシステムに乗り換えるか考えないといけません。元の開発会社だって当時のメンバーがもういないので無理ですってパターンもありますからね。
大手企業だったらそのへん大丈夫でしょうけど、中小企業はどうしたってカスタマイズから頼むとなると中小ベンダや個人事業主に頼らざるを得ない。

伝説の「小川マシンエレクトロ」さんじゃないですが、いざというときの選択肢として、ソフトウェア会社以外の、横断的知識を持った、ハッカー的な人材、能力者がほしいですね…
いや、ウチに頼んでくれてもいいんですけども。

L字USBケーブルは慎重に選ぼうね

私、現在、モバイルPCはSurface3からHP Elite x2 1012 G2に乗り換えまして、
それでも相変わらずHHKB BTと組み合わせて使っています。


HHKB BTは単三乾電池2本で動きますが、別途micro USBケーブルで給電もできます。
腰を落ち着けて作業するときにはスリープにならない便利さがあるので給電します。
が、手持ちのmicro USBケーブルだと出っ張って邪魔。

そこで、端子がL字に曲がっているケーブルを導入。micro側が両面挿し可能なので右でも左でも取り回せる。
で、色が赤いのがいいな!ということで、USB-Aの側もL字のものを選んでみました。

なかなかいい感じです!が!

ヘッドホン端子と干渉する…しまったー

というわけで、再度USB-A側がストレートのものを購入。
色が青かったからパスしたんだよなー…でも仕方ない。

さらに言うと、実は上のケーブルを買う前に、USB-A側が逆L字のものを買ってしまい、USB type-C(ACアダプタ)側と干渉して全く使えなかったという…w

はい、きちんと収まりました。
色はあんまり気にならないですね。


最後の青いやつ。USB-A側がストレート。


最初の赤いやつ。USB-A側がL字。


今回写真を撮ってないやつ。USB-A側がL字(上のとは逆)。

年内最後のTOEIC

結局、11月に京都で試験を受けてからは、少しmikanアプリを触った程度で、問題集も何も見ないまま12月試験の日が来てしまった。
日常的に英語に触れる時間も取らず、気づいたら試験日という感じだった。

昔、小さな頃、私はピアノを習っていたのだが、家での練習はほとんどせず、教室で触るだけの状態が続いていた。もったいない、無駄だと言われながらも、中3まで続いた。最後の方はドラゴンクエストやイースなど、ビデオゲームのピアノ譜を弾いていた。
ピアノに触っている時間は楽しかったのだが、それ以上の時間を使って努力というか、のめり込むような領域までは行かなかったのだ。

TOEICもそんな感じに見える。何かしらの情熱のスイッチが入ってない。

12月9日の試験会場は仙台、東北大学である。
浪人時代のセンター試験以来、実に23年ぶりの訪問か。
一部の寮生たちによる看板や壁画も無くなっていて、時代が過ぎ去ったのだなぁと思う。

朝から4時間運転して東北大学へたどり着き、受けた試験はどうも気が散り気味。
Readingも最後までたどり着けず、10問の塗り残しが出てしまった。
今のままでの限界を感じた。

そして翌日、11月京都の結果が出た。

660、775、815、820。伸びが止まっている。
ここから先はトレーニングあるのみだろうなぁ、と理解した。
しかしそういう行動にはなかなか出られないもので、その後も放置してしまっている。

そして年末12月30日、最後の結果が出た。

後退!
なんとなく悔しい!(何もしてなかったくせに!笑)

まじめに問題集に取り組めば良いのだろうとは思う。
しかしそれができない自分の感情を整理せねばならない。

まじめに机にかじりついて難しい本で勉強するというのが、好きではないのだ。
だったら何か別の工夫をすれば良いのだが…

城ノ石ゆかりさんと話していたTOEICチャレンジは12月まで。
結果的には660→最大820ということになったが、
当初の目標だった200点伸ばすことは達成できなかった。

→■みんなも一緒にやってみよう!-TOEICチャレンジなう

しかし私のなかではなんとなく、続けてみたいという気持ちがある。
1月は都合により受けられないので、次は3月にチャレンジしようと思う。
その間また無対策では意味がないので、なにかしら仕組みの変更をしよう。
ゲーム化するなどで熱中できれば良いんだよなぁ…

料金受取人払いのハガキを作る

出欠の返事なんかをいただく手紙、
相手に切手を貼ってもらうのも負担をかけるし、回収率が悪くなりがち。
かといって返事が来ない相手にも切手を貼って出すのはものすごくコストがかかる。
往復はがきも同様。

そこで料金受取人払いです。
返ってきた分だけ払えば良いからね!

料金受取人払 – 日本郵便

そんなわけでこのページを見て実際にやってみた。

申込前

ページを熟読。

料金については、住所宛の料金後納が1通あたり15円の追加。
現在ハガキは62円ですから77円になっちゃいます。
それでも回収率から考えたらこのほうが切手を貼るよりマシ。

あとは担保とか金がらみの部分の説明が不足でわからん。
ということでまず、近くの郵便局に電話で聞いてみた。

ページ掲載事項と大体同じことを言われる。
担保については、まあ大丈夫じゃないですか、と言われるにとどまる。
たぶん滞納者とかあまりに大量になった場合に必要になるのでしょう。

電話した時点で承認番号を予約でもらうことができた。
なのでハガキもこれで作ることができる。

先にハガキの見本を作って、郵便局で承認をもらわないといけない。
しかしこの承認作業をする郵便局は、地方の局ではダメみたいで、
例えば秋田県では秋田の中央郵便局だけみたいです。なので能代郵便局では取り次ぎだけ。
そのため、申請をしてから実際に使えるまで1週間ぐらいかかります。

他にも申請の際に必要な書類など教えてもらえますし、
郵便番号も通常とは別の、受取人払い専用のものになりますので
(当然カスタマーバーコードもこの郵便番号で作る)
料金後納のタイミングとかも確認できますので、
一度は電話してみるのは必須だと思います。

ハガキ作成

世の中こんなのテンプレートとかあるだろうと思いきや、全然ないのね!
「料金受取人払いで経費節約!」なんて情報商材まであったw
Wordとかでぱぱーっと作れないモノかと思ったらありましたよ

Word: 長3形封筒に料金受取人払郵便用の宛名を書く(料金後納式) | Kunihito TOBITA Office (飛田国人)

見事にWord(.doc)形式!
ありがとうございますありがとうございます。
こちらをハガキサイズに変更して使わせていただきました。

カスタマーバーコードは

料金受取人払郵便物用 カスタマバーコード作成 – 日本郵便

ここで作って画像キャプチャして貼るだけ。

用紙

意外と無地のハガキ用紙って無いもので。
地方の文房具屋にはインクジェット用紙はあっても普通紙が無いよ。
仕方なくインクジェット用紙を買ってみましたがレーザープリンターのトナーが乗らない…
あらためて用紙を注文。まぁ切ってもらうだけだしね。
全判1枚からハガキサイズが25枚取れるそうです。

申請

プリンタで印刷したものを、一応10部ほど持って行きます。
デキの良いのを3部出す作戦。

受理

1週間ほどでOKの連絡があり、承認書も届きました。
まだ実用してないのでこの先は不明…